マーロウの猫・映画『ロング・グッドバイ』

さてさて、2011年も大詰めです。

明日は、もう大晦日!という年末の忙しい時に、
ねこねーさんは、クリスマスにTSUTAYAで借りたDVDを返却すべく、
大掃除が終わらない部屋で、後ろめたい気持ちになりながらも、
にゃんこと呑気にDVD鑑賞。。。

でも、観てよかったなぁ。
ひさびさに、いいもの観た満足感でいっぱいです♪

何を観たのかといいますと、かなり渋いところで、
ロバート・アルトマン監督の『ロング・グッドバイ』(1973年)

もちろん「ねこねこNEWS」でご紹介するからには、
この映画、にゃんこと関係があるのです。

原作は、泣く子も黙るハードボイルド小説の巨匠
レイモンド・チャンドラーの『長いお別れ(The Long Goodbye)』

私立探偵のフィリップ・マーロウが主役のシリーズ6作目を
ロバート・アルトマンが映画化した作品なのですが、
エリオット・グールド演じる探偵マーロウが、
なんと、大のねこちゃん好きなのです。

Long_Goodbye1

マーロウが、夜中の3時にハラペコにゃんこに起こされ、
けなげにキャットフードを買いに出掛けるという、
なんとも微笑ましい冒頭シーンは、必見です。

Long_Goodbye2

マーロウ役のエリオット・グールドのかっこよさは
言うまでもないのですが、ねこちゃんの演技が、
これまた素晴らしいんだなぁ♪

ということで、ハイ!お約束のYouTube動画(日本語字幕なし)です↓

じつは原作では、マーロウは、ねこを飼っていないみたいなんですよ。
アルトマン監督が勝手に追加しちゃった模様。
なので、チャンドラーファンには、この映画、
すこぶる不評みたいです。

やはり正統派ハードボイルド支持者としては、
マーロウが、ねこちゃんにメロメロで、夜中に
キャットフードを買いに走るようではいかんのでしょう。

でも、ねこねーさんは、そこにシビれちゃうのよねぇ♪

ちなみに、故・松田優作さんも、
この映画、大好きだったみたいです。

映画の詳細は、Amazonの商品ページでご覧ください▶ ロング・グッドバイ [DVD]

笑いのツボも押さえまくっている異色ハードボイルド映画、
お正月のテレビ特番に飽きた頃に、おうちのにゃんこと
ゴロゴロしながらいっしょに観るには、最適な1本です。

観終わった頃には、きっと
エリオット・グールドのマーロウにメロメロですよ♪

★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ

♥クリック募金 応援中♥ こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give – it’s FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。

0

おすすめ