ねこねーさんは見た!

ここしばらく、家に帰ってくると、なぜか
廊下のまんなかに「まくら」が転がってることが
たびたびありまして。。。

しかも、まくらの角には、かじられた跡が!

わが家の場合、こんなことをするのは、
たいていルビ子ちゃんなのです。

ねこねーさんが寝ている間に、1階のキッチンに行って
ヨーグルトについている粉砂糖の包みをくわえて
2階に持ってきて、廊下に思いっきり
砂糖をぶちまけるとか。。。

わんこみたいなイタズラをして、それを何度もくり返すのは、
たいていルビアンちゃんの仕業なのです。

今回も、そんなわけで、またもやルビ子のマイブームが
始まったのかと思い、様子をうかがっていたのですが、

やはりここは、どうしても、現場を押さえたいっ!

寝ている最中に、ズルズルとまくらが引っ張られていく感覚を
覚えたときもありましたが、さすがに半分、夢の中。

そのまま、まくらを奪われたまま、爆睡してしまったところ、
翌朝には、やはり廊下にまくらが。。。

そんなある日、ついに、ねこねーさんは見たのです!

rubian1_1124

クッションとか、他にも似たような布物アイテムはあるのに、
なぜ、まくら?

しかも、ずっと使ってるまくらですからね、
なぜ、今いきなり?

と思うわけですが、ルビ子嬢は、とにかく
目下のところ、ねこねーさんのまくらに夢中なのです。
まくらカバーは、いまや穴があいてズタボロです(泣)

rubian2_1124

rubian3_1124

最近、アンチョ先生とビビ子ちゃんのおデブ対策のために、
標準体重のルビ子ちゃんまで、ダイエットにつきあわされているので、
それで、ねこねーさんに仕返ししてるとか!?

まさか、ねぇ。。。(苦笑)

★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ

♥クリック募金 応援中♥ こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give – it’s FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。

0

おすすめ