愛と希望とタケシの日

本日1月14日は「愛と希望と勇気の日」。
なんともポジティブなタイトルの記念日なのです。

なんで、そんなすてきな名前の記念日なのかといいますと、
53年前の今日、南極に置き去りにされたカラフト犬
「タロ」と「ジロ」の生存が確認された
愛と希望と勇気に満ちあふれた日だからです。

そうです、南極観測隊に置き去りにされてしまった
あの「タロ」と「ジロ」のことです。

去年の10月にTBSの日曜劇場で
ドラマが放映されたばかりなので、
記憶に新しい方も多いことと思います。

ねこねーさん世代にとっては
高倉健さん主演の映画のイメージが強いのですが、
キムタク主演のドラマも、なかなか良かったですよね。
ねーさん、不覚にもわんこたちのけなげなシーンに号泣!

ちなみに、これは健さんバージョン▼

ううっ、また泣いてしまう。。。

はーい、わかってまーす!
これは、わんこたちが主役のお話。

「ねこねこNEWS」としましては、
ねこちゃんのお話も、お伝えしなくてはなりません。

幸い、今日は「タロジロの日」じゃなくて
「愛と希望と勇気の日」ですからね、
にゃんこのお話しちゃってもいいよねぇ、
天国のタロちゃん、ジロちゃん!

じつは南極には、わんこだけでなくて、
南極観測隊に同行したにゃんこもいたのです!

その名は、タケシ。
隊長の名前をとって命名された
三毛猫のオスです。

takeshi1_011412

ご存知の方も多いと思いますが、オスの三毛猫って、とーっても珍しいのです。
なので、縁起がいい、ということで南極観測隊のお供をすることに。

わんこたちが、犬ぞりのお仕事に奮闘するなか、
タケシくんは、隊員さんたちのアイドルとして、
昭和基地で、のんきに遊んで暮らしたようです。

それはそれは、ずいぶんと可愛がられていたみたいですよ。

takeshi3_011412

たまには日光浴もしなっくちゃね、と
零下30度の屋外に出ても、この通り、へっちゃらです。

takeshi2_011412

壮絶な運命が待ち受けているタロ、ジロたちとは違って、
このタケシくんは、ちゃっかり隊員さんたちといっしょに
日本に帰ってきています。

仲良しだった隊員さんの家ねことして迎えれるのですが、
南極が恋しかったのかなぁ、1週間ほどで行方不明に。
その後、二度と姿を現すことはなかったとか。

このタケシくんのお話は、絵本にもなっています。
図書館に蔵書がなかったもんだから、
ねこねーさん、思わず買ってしまいましたよ(笑)

この増補改訂版の後ろのほうのページには、
タケシといちばん仲良しだった隊員さん、
作間敏夫さんの秘蔵写真が掲載されています。

※上記の写真は、その秘蔵写真から拝借しました。
(ブログ掲載に問題がありましたら、お知らせください)

写真といっしょに、タケシくんの里親でもあった作間さんの、
突然いなくなってしまった彼への想いも書かれてあるのですが、
ねこねーさん、また涙、涙。

これでは「愛と希望と涙の日」になってしまいますねぇ。
でも、ちょっとだけ泣かせてください。

タロー、ジロー、タケシーーー!

▼ 南極ねこタケシの絵本は、こちらです。
(本の表紙をクリックすると、AmazonのHPで大きい画像と詳細説明がご覧いただけます)

こねこのタケシ ― 南極大ぼうけん (すずのねえほん)
阿見 みどり・著 / わたなべ あきお・イラスト

写真を拝見する限りだと、作間さん、
南極観測隊きってのイケメンなんですよ。モミアゲがすてき♪

ここはひとつ、ぜひ作間さんとタケシくんを主役にした
映画とかドラマとかを作ってきただきたいのですけど、
映像製作関係者のみなさま、どーでしょう?
きっとヒットすると思うんだけどなぁ。

ちなみに南極には、カナリヤもいっしょに同行したみたいですよ。
隊員さんたち、みんな動物大好きだったのね♪
あらためて南極物語の関連本、読みたくなっちゃいました。

★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ

♥クリック募金 応援中♥ こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give – it’s FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。

0

おすすめ