朔太郎の猫

せっかくの土曜日も、雨、雨、雨の一日でしたね。

こんな日は、おうちでにゃんことゴロゴロしているに限るのですが、
今日はひとりソワソワと、都内までお出かけしてきてしまいました。

どうしても「朔ちゃん」の展覧会を、観に行ってしまいたかったのです♪

ancho_1119

はい、アンチョ先生のつぶらな瞳にお答えしますと、
それは詩人の「萩原朔太郎」さんであります。

若きねこねーさんが、個人的にとても影響を受けたお方でありまして、
文学全集の書簡集とか、かなりマニアな本まで図書館で借りては、
朔太郎ワールドにどっぷり浸かっておりました。

そんな「朔ちゃん」こと萩原朔太郎の生誕125年記念の展覧会が、
世田谷文学館で開催されていると知り、大雨のなか、
遠路はるばる出掛けていったわけなのです。

で、そんな超個人的趣味の世界を、何故に「ねこねこNEWS」で
とりあげるかと言いますと、展覧会のチラシのイラストが、
朔ちゃん直筆の『青猫』のイラストだから♪

上の白猫がチケット、下の黒猫がチラシのデザインです。
なかなか味があって、いいでしょう?

朔太郎展チケット_1119朔太郎展チラシ_1119

会場内の展示もそうでしたが、デザインワークが素敵な展覧会でした。
ねこねーさん的には、朔ちゃんの直筆の原稿やらお手紙やら
愛用のギターやらオリジナル本の装丁やらを、たくさん拝めて胸いっぱい。

朔太郎の詩のモチーフとして、「猫」は外せないものではありますが、
彼の中の「猫」は、けして巷の猫ブログ的な
「可愛くも面白おかしい、愛すべきねこちゃん」というものではなくて、
どちらかと言えばネガティブな「不安」や「恐れ」の象徴みたいな存在です。

そんな一面もまた、にゃんこの魅力と言うべきなのでしょう。

朔太郎の散文詩『猫町』の舞台と言われているのが、下北沢。
世田谷文学館の会場には、「シモキタザワ 猫町散歩」なる文学地図も
置かれていました。

残念ながら、ねこちゃん出没スポットを紹介した
台東区谷中の「谷中猫町巡りマップ」とは違って、
こちらは純粋な文学マップ。

下北沢ゆかりの文学者たちの旧居跡などを紹介した
絵地図になっています。

猫町散歩

なんだ、ねこちゃんは出てこないのか、つまらんぞー!とおっしゃる方、
まぁまぁ、たまには、ねこねーさんの趣味にもおつきあいください(笑)

雨の日に、にゃんこを傍らに、お茶でも飲みながら
朔太郎三昧の一日を送るなんてのも、いいもんですよ。

ねーさんオススメの猫関連の朔ちゃん本はこちらでーす ▼

 
(本の表紙をクリックすると、AmazonのHPで大きい画像と詳細説明がご覧いただけます)

あ、もちろん、生粋の朔太郎ファンは、ぜひ展覧会にも足を運んでください。
12月4日(日)までですよ!最寄り駅は、京王線「芦花公園」駅です。

展覧会の詳細はこちら ▶ 世田谷文学館 企画展 「生誕125年 萩原朔太郎展」

★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ

♥クリック募金 応援中♥ こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give – it’s FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。

0

おすすめ