【ブルガリア発】グリーンの猫の真相は…?

昨日は、ひとつの頭にお顔がふたつある「ヤヌス猫」、
フランク&ルイの訃報をお伝えしましたが、これまで「ヤヌス猫」ついて
ご存知なかった方の中には、そのインパクトのある見た目に
ビックリされた方もいらっしゃったかと思います。

今日お伝えするニュースも、インパクトはかなりのもの。
今回は訃報ではなく、体のカタチが普通と違うわけでもなく、
ブルガリアで元気に暮らしているごくごく普通のトラねこちゃんなのですが…

モフ毛の色が、全身グリーンなんです。。↓

23BBF33A00000578-0-Mandatory_Credit_Photo_by_REX_4275072a_The_green_cat_Bright_gree-m-24_1417702233837
Photo:REX

以前、黄色いモフ毛の「ピカチュウにゃんこ」の動画をご紹介したことがありますが、
あの時は、普通の毛色のにゃんこを撮影した後にデータを加工して色をつけた、
画像処理技術のたまものだったわけですが、この緑色のにゃんこは、
パッと見、画像処理っぽい感じに見えて、じつは実物。

動画があるので、そちらをご覧いただいたほうが早いかな?
ブルガリアのヴァルナ市の路上で撮影された、実際の映像がこちらです↓

インタビューに答えている男性はブルガリア語(?)なので、
何を言っているのか、まったくわかりませんが、参考にした記事によると
どうやら、この野良ねこちゃんは、ガレージに置いてあった合成塗料の上で
寝てしまった結果、自らモフ毛をグリーンに染めてしまったのではないか、
というのが、地元の方々のご意見のようです。

普通に考えれば、野良ねこを利用したたちの悪いいたずらのように
思えてしまいますが(実際のところ、最初は誰もがそう思ったようなのですが)、
このねこちゃんの場合、そうではないようなんですよ。

不審に思った町の人々が、調査をした結果、このにゃんこが
倉庫に積み上げられている緑色の塗料の上をお昼寝スポットとして
利用していることが判明。日に日にグリーンが濃くなっていくことから、
どうやらいたずらではなさそう…という結論に至ったようです。

いや、それにしたって、どんな寝方をすると、
こんなふうに全身グリーンに染まるんでしょうか?
おヒゲも耳毛も1本残らず、キレイなエメラルド・グリーンです↓

23BBF16C00000578-0-image-m-40_1417705392962
Photo:REX

気になるのは、塗料がにゃんこの健康に及ぼす影響ですが、
地元の獣医さんによると、おそらく今すぐ害があるということではないとの見解。
こちらの映像は、獣医さんへのインタビューも含まれていますが、
やっぱりブルガリア語なので、ちんぷんかんぷんです(苦笑)↓

でも、グリーンのねこちゃんは元気そうですね。
奇抜なグリーンの毛色も、まんざらでもなかったりして?(笑)

23BBF34700000578-0-Mandatory_Credit_Photo_by_REX_4275072g_The_green_cat_Bright_gree-m-35_1417705090323
Photo:REX

たしかに、個性を主張するにはこれ以上ない毛色ですが、
でもやっぱり塗料が体にいいわけはないので、
できれば保護して、洗いおとしてあげてほしいなぁ。

でも、また塗料の上でお昼寝しちゃうと意味ないのか…
ってか、その塗料置き場を早いとこ、どうにかしていただきたいような気も。

ただし、グリーンのモフ毛で注目を浴びたおかげで、
この野良ねこちゃんは、毎日のごはんにはことかかない様子。

こちらの映像には、グリーンにゃんこの写真を撮る報道陣と
町の人たちの様子が映し出されています↓
たしかに、これなら目立って、ごはんをもらいやすいですからね。
ホームレスにゃんこの生きる知恵だとしたら、かなりの確信犯ですよ!

0:33くらいのところで、さりげなくカメラ前を横切るカモメさんがツボです(笑)
いっしょに映っている茶トラにゃんこは、お顔の感じからして
グリーンにゃんこのきょうだいなのかな?

23BBF15000000578-0-image-m-28_1417704764841
Photo:REX

「毎日のごはんをゲットするために、いい考えがあるのニャ!」
なーんて言いながら、塗料まみれになっているにゃんこの様子を
ねこねーさんは、勝手に妄想してしまいますが…(笑)

そうでもない限り、やっぱりお昼寝しただけで
おひげの先まで塗料で染まるなんてことは考えにくく…
誰か倉庫でお昼寝するにゃんこの証拠写真でも
アップしてくれればいいのに。

宇宙猫のような印象のグリーンにゃんこ、
できれば、茶トラにゃんこといっしょに、どなたかのおうちに
お世話になることができれば一番なんですけどね。
しばらくは、町角の人気者として注目されるのかな♪

関連記事はこちら↓
Mail Online(12月4日):The cat that got the green! Emerald-coloured stray turns heads after sleeping on heap of synthetic paint
The Independent(12月5日):Mystery of Bulgaria’s green cat finally explained
らばQ(12月6日):「チョコミント色の猫」がブルガリアで発見され騒動に…信じられないけど本当にいた
ロケットニュース 24(12月8日):【一体なぜ】ブルガリアで「エメラルドグリーン色の猫」が発見される

thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。

★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ

クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give – it’s FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。


0

おすすめ